乳首がかゆくてかき過ぎて皮が剥がれてかさぶたができて赤黒い

乳首にかさぶたが出来て痛くないですか?

 

こんにちは、中島です。当サイトは、黒ずみ乳首について紹介しています。

 

黒ずみ乳首は妊娠中の女性ホルモンが原因かもしれません。

 

当サイトの情報がお役に立てればと思います。


乳首にかさぶたが出来てしまう原因とは?

乳首のトラブルで悩んでいる人は意外と多いものです。なかなか周りの人に相談しにくいという事があります。乳首のトラブルでは、かさぶたが出来てしまうという事があります。

 

どうしてこのような事が起きるのかと言うと、乳首を?き過ぎてしまったり、赤ちゃんの授乳中に乳首を噛まれてしまったり、肌が乾燥している事も原因になります。

 

こうした肌の刺激により、肌を守ってくれるバリア機能が低下してしまっているのです。そうすと肌はどんどん敏感になり、肌荒れが酷くなっていきます。これを繰り返す事で、かさぶたが出来てしまうのです。

 

乳首が痒い原因は、下着が肌にあたって摩擦が起きていたり、不衛生という事があります。下着は、自分に合ったサイズの物を着用して、擦れて摩擦が起きないようにしましょう。

 

また乳首をきちんと洗って清潔にしなければなりません。綺麗にしているつもりでも意外と洗えていない事もあります。肌が乾燥しやすい人は、保湿をしっかり行いましょう。

乳首に出来たかさぶたをケアをする方法

乳首にかさぶたが出来るようになってしまった時に、ならないようにする為のケアをする必要があります。かさぶたはブラジャーの内側に乳首が擦れてしまい、乾燥してしまう事で、かさぶたになってしまう事が多く、見栄えが悪い状態になってしまいます。

 

また生活スタイルが毎日同じだと、何回も繰り返し出来てしまうのです。ならないようにする為のケア方法は、保湿クリームを乳首に塗る事で、かさぶたにならないようにする事が出来ます。

 

クリームを塗る事で乾燥しない状態となり、カサカサになる状態を抑えられる事が出来るのです。通常よりも少しだけ多めに塗る事でこすれ具合が変わり、乾燥まで防ぐ効果が得られるのです。

 

他の方法としては、ブラジャーのカップサイズを変えてみるという方法もあります。ブラジャーの隙間が擦れてしまう原因となるので、自分にぴったり合った物に変える事も効果的です。

 

ケア方法は、保湿クリームを少し多めに塗る事と、ブラジャーのサイズを少し変えてみる事でかさぶたが出来ないようになれるのです。

乳首のかさぶたが原因で乳首が赤黒くなった

乳首が服や下着に擦れて、表面の皮があかぎれのような症状になった場合、時間と共に徐々に治ってきますと、かさぶたが出来て、赤黒い印象になる事が多々あります。

 

乳首も他の肌で傷が出来た時と同じように、定期的なケアをして治していく事が大切です。乳首のように敏感な肌が患部になった場合、傷が出来やすく、それが治る過程でかさぶたが出来てきます。

 

これが赤黒く見える原因となりますので、かさぶたや血の塊がスムーズに自然に剥がれるようにする工夫が必要です。乳首のような敏感な部分向けのスキンケアクリームが販売されていますので、これを活用する事で綺麗に治す事が出来るでしょう。

 

乳首の色合いは、特に女性が気にするものですが、原因を知る事によって自分の乳首の色を適切なものにしていく事が可能です。

 

乳房と共に乳首のケアをしっかりと行っておく事で、かさぶたになるような傷が出来たり、擦れたりするのを防ぐ事ができ、美しさを保てるでしょう。

かさぶたで赤黒くなった乳首を元の色に戻す方法

 

乳首は敏感で繊細な部分のため、肌着でこすれてしまったり過剰に触ってしまうと血が出てかさぶたになることがあります。かさぶたが治るまでに時間がかかりますし、赤黒くなってしまいます。

 

赤黒くなった状態のものを、以前の色に戻すためには、ターンオーバーを正常にするのが必要です。ターンオーバーはホルモンのバランスによって乱れがちになり、古い皮膚が剥がれおちずにそのまま残ってしまうことがあります。

 

そうなると色がくすんで見えるので、さらに乳首の色が濃い色になってしまいます。そのためホルモンバランスを整えるために、生活習慣を見直してストレスをためないようにし、ターンオーバーが正常に働くように心がける必要があります。

 

また、その他の方法として美白成分が含まれたクリームなどを乳首に塗るのも有効です、かさぶたができたことによって色素が沈着しているため、美白成分のあるクリームを継続して使用することによって、少しずつ元の色に戻すことが期待できます。