黒い乳首を短期間でピンク色に戻す方法

短期間で黒ずみ乳首をピンク色まで改善する方法

 

こんにちは、中島です。当サイトは、乳首の色で悩んでいる方のためのサイトです。

 

乳首の色の事で悩んでいませんか?

 

乳首の色が茶色や真っ黒だと彼氏に引かれないのか心配な人もいるでしょう。

 

そんな悩みを解決するためのサイトになっています。読んでくさいね。


病院でトレチノイド・ハイドロキノンが安全で最短にできる美白ケア

 

皮膚科の病院では、トレチノイド・ハイドロキノン治療で黒ずみ乳首を美白ケアをすることができます。トレチノイド・ハイドロキノン治療ではシミだけでなく肝斑をケアすることもでき、消すことが難しい肝斑を消すことができる点が大きなメリットです。

 

トレチノイド・ハイドロキノン治療は最短3ヶ月程度で黒ずみ乳首を消すことができ、人によっては2ヶ月程度で消せる場合があります。最短で効果を出すためには、薬を塗るのを忘れないように注意することが大切です

 

トレチノイド・ハイドロキノン治療を開始してから最初の1週間から2週間は、皮膚が剥がれて赤く腫れます。しかし、その後は腫れは引き、シミや肝斑が消えます。よって、トレチノイド・ハイドロキノン治療を受ける際には、最初の1週間から2週間は皮膚が赤く腫れることを覚悟することが必要です。

 

皮膚科の病院でのトレチノイド・ハイドロキノン治療は保険適用にはならず、治療費は全額自己負担になります。3ヶ月間の治療費は約15000円程度ですので、保険外診療であってもそれほど高額ではありません。

 

また、乳首は敏感な部位でもあるので医師の相談なしにするのはダメです。自己判断しないようにしましょう。また、必ず黒済み乳首が改善されるわけではないのでそこも含めて医師と相談しましょう。

黒ずみ乳首を自宅で綺麗にするにも最短でも3カ月はかかる

黒ずみ解消クリームを使うと、自宅で黒ずみ乳首を綺麗なピンク色の乳首にすることができる場合があります。ピンク色にまではならなくても、乳首の黒ずみを薄くする効果は期待でき、黒ずみ乳首の対策になります。

 

黒ずみ解消クリームは即効性はなく、乳首の黒ずみが解消されるまでには最短でも3ヶ月程度かかります。3ヶ月程度の期間が必要になる理由は、皮膚細胞のターンオーバーの周期は約28日間であり、黒ずみを解消するには3回程度のターンオーバーが必要になるからです。

 

 

乳首の黒ずみの原因はメラニン色素の沈着であり、黒ずみ解消クリームを使うとメラニン色素が外に排出され、黒ずみが解消されます。人間の細胞は新陳代謝によって新しく生まれ変わり、ターンオーバーの周期とは皮膚細胞が新しく生まれ変わる周期のことです。

 

乳首の黒ずみは1回のターンオーバーでは完全に解消することはできず、黒ずみを解消するには最低でも3回程度のターンオーバーを繰り返すことが必要になります。もちろん、個人差が出るため必ず満足いく結果にいくわけではないので注意してください。

自宅で出来る黒ずみ乳首にお勧めの美白クリーム

 

乳首の黒ずみが気になっている女性も多いのではないでしょうか。普段見られることなどない箇所ですが、好きな異性に見られるような場面を迎えた時など、黒ずんでいると気になってしまいますよね。

 

黒ずみ乳首は、メラニン色素が原因です。ホルモンバランスの乱れや摩擦、また授乳などでメラノサイトが刺激を受けて活性化され、黒くなってしまうのです。

 

黒ずみ、メラニン色素の対策として有効なのが乳首の黒ずみ専用の美白クリームでのケアです。デリケートな部分ですので、美白成分の他に、保湿成分、抗炎症成分も含まれているものを選ぶとよいでしょう。

 

顔用の美白クリームも数多く売られていますが、乳首は顔より角質が厚いため、顔用のクリームでは乳首にはうまく浸透しないことがあります。はっきりとした効果が期待できないことが多いので、使用するなら乳首専用のクリームにしましょう。

 

美白成分はメラニンの生成を抑え、すでにできてしまったメラニンを薄くしていきます。即効性があるものではなく、徐々に効果が出てきます。少し使って効果が見られなくても諦めず、数週間からヶ月使い続けてみるようにしましょう。

真っ黒な乳首をピンク色にまで戻すには無理がある

真っ黒な乳首をなんとかしたい、いやらしく聞こえますが本人たちには笑いごとではないです。黒くなってしまうのは、様々な要因があります。メラニン色素が多い、遺伝で元々黒いなど、どうあがいてもいずれは黒くなる運命です。

 

残念ながら、元のピンク色に戻すのは不可能です。ですが、乳首の色をかぎりなく薄くすることは可能なので諦めるのはまだ早いです。乳首の色を薄くする方法が、2つあります。1つは、脱色クリームです。

 

乳首専用のクリームがあり、それを塗るだけで薄くなるという画期的な商品です。簡単に手に入るので、誰でも試すことができます。2つは、皮膚科に行くことです。

 

これはあくまで最終手段であり、どうしても気になる人は素直に医師に相談するのが賢明な判断です。美容クリームが処方されるので、どこか安心感があります。通院が必要になるので、乳首の状態と財布との相談が必要です。

 

男性には分からないですが、立派な悩みごとです。ストレスも黒ずみの原因になるので、悩む人は行動に移すのが最善の選択になります。