バストトップの茶色を脱色するにはビタミンCのクリームでお手入れ

バストトップの黒ずみのケアにビタミンCはいいの?

 

こんにちは、中島です。当サイトは、黒ずみ乳首について紹介しています。

 

黒ずみ乳首で悩んでいませんか?

 

今ならまだ改善する可能性があるので試してはどうでしょうか?


ビタミンCよりビタミンC誘導体の方がお勧め

乳首の黒ずみでお悩みの方におすすめしたいのが、ビタミンC誘導体です。乳首の黒ずみの原因はメラニン色素だと言われていますが、ビタミンC誘導体がメラニンを抑えてくれる働きをしてくれますので、出来たメラニンも還元して黒ずみを改善してくれる効果が期待出来ます。

 

ビタミンCは安定性が悪く壊れやすいため、肌に成分が浸透しにくいことがあります。それに比べてビタミンC誘導体は、人工的に改良されて、肌に浸透しやすい安定性が優れていることから、美白に効果がある成分と言われています。

 

乳首の黒ずみなどの場合も、メラニンが過剰に生成されたことによる場合が多いので、乳首にクリームなどを塗りたいときには、クリームに入っている成分に注意すると良いでしょう。

ビタミンC誘導体は刺激が強いのか?

人工的に手を加えて改良が行われたビタミンCのことをビタミンC誘導体と呼びます。時折生じてしまうニキビを予防する働きがあったり、著しい美白効果が感じられるのでアンチエイジング全般に良い作用があります。

 

そういった成分を乳首に使うと黒ずんでいた色が薄くなると言われており、綺麗なピンク色に戻るとされています。しかし、時折刺激が強すぎると感じる方が居るのも事実です。

 

このように刺激が強く感じられてしまうのは、成分濃度が高いことが大きく関係しています。特に、乳首は全身の中でもデリケートな部位なので使用する時は十分に注意する必要があります。あまり多くの量を塗布し過ぎず、様子を見ながら使っていくようにしましょう。

ビタミンC誘導体が乳首の黒ずみを綺麗にする働きとは?

摩擦や刺激によって肌を守るためにメラニン色素が生成されること、シミやくすみなどを発生してしまいます。乳首もそんな敏感な部分ですので、黒ずみやすくコンプレックスになってしまう人も多くいます。

 

そんな乳首の黒ずみを改善したり、シミやくすみなどを改善する美白成分として人気なのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、不安定で壊れやすいビタミンCを人工的に誘導体化させて、酵素反応によって肌の浸透率を安定化させた成分になります。

 

ビタミンC誘導体には、メラニン色素の色素沈着するのを抑制する働きと、メラニン色素自体の生成を抑制する働きがあります。つまりメラニン色素の色素沈着が起きやすい乳首にクリームなどで塗ることによって、黒ずみの予防をしながらケアになることが期待できるのです。

 

効果的な美白成分ですが、欠点や副作用もあるため使用する場合には注意が必要となります。美白に有効な成分だからと1日に何度も使ってしまうと強い刺激になってしまい乾燥につながることがあるため、使用回数をきちんと守って使用していくことが大切です。

 

また、どんなに効果的でも体質的に合わないこともあるため、利用するときには必ずパッチテストを行ってから使用します。