色素沈着したバストトップのケア方法

バストトップの色素沈着を

 

こんにちは、中島です。当サイトは、乳首の色で悩んでいる方のためのサイトです。

 

バストトップにメラニン色素が色素沈着して困っていませんか?

 

色素沈着したときの解決方法を紹介しています。


乳首が色素沈着してしまう原因とは?

 

乳首が黒いのは遊んでいる証拠、などと耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。でも、それは真っ赤な嘘です。このような根も葉もない言い伝えがあることで、乳首が黒いと肩身が狭く感じる人が多いですが、黒ずみにはれっきとした根拠があるのです。

 

まず、なぜ乳首が黒ずんでしまうのかというと、その原因はメラニン色素です。メラニン色素というと日焼けを思い浮かべると思いますが、日焼けは紫外線の刺激から肌を守るための成分です。

 

乳首の黒ずみを起こすメラニン色素も、まさに肌を守るために発生しており、最も多いものは繊維による刺激です。私たちの乳首は日常生活の中で常に衣服に包まれています。

 

体にフィットする下着をつけていても、動くたびに繊維に皮膚がこすれ、その摩擦の刺激によって肌内にメラニン色素が生まれてしまうのです。

 

また、妊娠すると乳首は目に見えて黒ずんできますが、これは赤ちゃんに授乳するために乳首を強くするためと言われています。一説には赤ちゃんにわかりやすくするためという説もあります。

 

このように理由は様々ですが、乳首が色素沈着を起こすのはメラニン色素が肌を守るためなのです。乳首がメラニン色素により黒ずみを起こしても、ターンオーバーが正常に行われている場合は定期的に古い角質が除去されて、綺麗な状態に戻ります。

 

しかし、加齢や肌の乾燥が原因でターンオーバー周期が乱れると、古い角質や老廃物が除去されず、黒ずみが蓄積してしまうため、ターンオーバーを正常に戻すためのケアが改善には有効となります。

色素沈着してしまった乳首を薄くする方法とは?

 

乳首が黒ずんでしまうのは乾燥が原因になっている場合があります。肌が乾燥をするとターンオーバーが正常に行われなくなり、その結果メラニンも蓄積してシミになってしまうことがありますが、乳首にも同様の症状が起こってしまうことがあるのです。

 

そのため改善のためには保湿をすることが大切ですが、その際には乳首用で美白成分を含んだクリームを使用するのが良いと言えるでしょう。

 

乳首用は一般の化粧品のクリームとは違い優しい成分で構成されているのが特徴です。ひとつの体とは言え部位によってデリケートさが違っていますので、普通のクリームですと刺激になってしまうことがあります。

 

そして刺激になることでメラニンの増加を促してしまい、結果的に余計に黒くなってしまう恐れもあるのです。さらには肌荒れを起こす原因にもなり、乳輪を大きくさせてしまう心配もあります。

 

乳首用ですとそういったリスクを取り除いた成分が用いられていますので安心して使用することができるのです。クリームを利用する際には美白成分の有効性にも着目することが大切ですが、判断の目安として医薬部外品に分類されているかどうかにも注目した方が良いでしょう。

 

ただの化粧品の場合は成分の効果も低い傾向がありますが、医薬部外品ですと成分の有効性も確認されており、より効果的な対策ができるのです。そして医薬品よりもリスクが小さい成分となっていますので安全性も高いというメリットがあります。

色素沈着した乳首を改善するクリームの選び方とは?

 

色素沈着したのはメラニン色素やターンオーバーによる乱れが原因なのでそれにアプローチするようなケア商品がオススメです。デリケート部位だけに乳首用の美白クリームを利用した方がいいです。

 

そこで、ケア商品は保湿成分がしっかりと配合されているクリームを選ぶことが重要です。特にセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど肌の水分量を保つ美容成分が配合されているものが有効です。

 

独自のターンオーバー機能を正常化することと、クリームの美白成分の相互作用により黒ずみは改善されていきます。当サイトでも美白クリームを紹介しているので参考にしてください。