乳首が黒い原因とは?@理想的なバストトップにするケア方法

黒ずみ乳首の原因とは?

 

こんにちは、中島です。当サイトは、黒ずみ乳首について紹介しています。

 

黒ずみ乳首で悩んでいませんか?

 

今ならまだ改善する可能性があるので試してはどうでしょうか?


加齢による乳首が黒くなる原因とは?

 

年齢を重ねますと、肌がくすんできたり、シミができてきたりしますが、乳首に関しても同じことが言えます。加齢で乳首が黒くなるのは、皮膚のターンオーバーが乱れることが考えられます。

 

皮膚は通常、古くなった角質を外に排出するための新陳代謝、つまりターンオーバーを行っていますが、加齢によってこのターンオーバーが乱れ、なかなか新陳代謝がうまく進まないことがあるわけです。

 

これが乳首が黒くなる原因ですが、ターンオーバーというのは皮膚の角質だけではなく、メラニン色素の排出にも関係していますので、新陳代謝がうまくいかない場合、メラニン色素が皮膚内に滞ってしまうことが起こり得るわけです。

 

ですから、乳首が黒くなってきた場合は、ターンオーバーを促すための対策を行うことが大切です。こうした皮膚の新陳代謝が乱れるのは、年齢を重ねると共に顕著になってきますので、できればスキンケア対策などと合わせて行うのが最適だと言えます。

妊娠・出産による女性ホルモンのバランスの変化が乳首が黒くなる

 

妊娠や出産の経過中に女性のホルモン分泌やバランスは劇的に変化します。妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンは増加します。エストロゲンは妊娠には必要なホルモンで皮膚を美しくする作用があります。

 

一方、黄体ホルモンとも言われるプロゲステロンは妊娠には必要なホルモンですが、皮膚にはあまりよくない作用が知られています。皮膚にはメラノサイトというメラニン色素を作る細胞がいます。

 

プロゲステロンはメラノサイトを刺激してメラニン色素の分泌を促進します。特に乳首や脇の下などにはメラノサイトが多く、妊娠中は長くプロゲステロンが分泌されて皮膚の色素細胞が長期間にわたり刺激されるので黒ずみやすくなります。

 

また、シミやそばかすができやすくなるのもプロゲステロンの作用によります。ただし、乳首が黒ずむのは生まれた赤ちゃんが目がまだ見えにくいため、乳首が見やすくなりってわかりやすくするために必要とも考えられているため、決して悪いことばかりではありません。

摩擦や紫外線で乳首が黒くなる

 

皮膚が黒くなるのは、メラニン色素が作られることによります。メラニン色素は、いろいろな刺激から皮膚を守るために色素細胞のメラノサイトで作られる色素です。

 

よく知られているのが、紫外線を受けた時の日焼けです。日焼けは、紫外線の強い刺激から皮膚を守るためにメラニン色素が作られて起きます。

 

乳首の黒ずみも、メラノサイトでメラニン色素が作られることが原因となって起こるものです。乳首の場合、強い紫外線の他にも、ブラジャーなどの下着によって常に乳首が摩擦されていることが色素が作られる原因になることがあります。

 

下着による摩擦が刺激となり、その刺激から乳首の皮膚を保護する目的で色素細胞のメラノサイトに色素を生成する信号が送られます。その結果メラノサイトでは乳首の皮膚で色素をたくさん作り出しますので、黒ずみが起こります。

 

乳首の黒ずみを戻すためには、美白成分の入ったクリームなどでお手入れをしながら下着などによる日常的な摩擦をできるだけ少なくすることも大切なポイントです。

乳首が黒くなる仕組みとは?

 

色素の話になるとよく出てくるメラニン色素近年は特に紫外線対策が話題になっていますが、紫外線は殺菌作用や体内でのビタミンDの生成を助けてくれる等の良い役割も持っています。

 

メラニンは皮膚の深いところにあるメラノサイトによって生成されます。メラノサイトは紫外線などの刺激を受けるとメラニンを作り出し皮膚を守ろうとするのです。

 

皮膚を黒くして紫外線を吸収することによって内側に紫外線が入ってくるのを防いでくれています。しかし本来ならばターンオーバーで元の肌の色になりますが、それが排出しきれなかった場合シミ等の原因になります。

 

これは乳首の場合も同じです。紫外線によって乳首が黒くなってしまうこともあるんですね。他にも合わない下着を着用していて乳首が擦れてしまうとメラニンが刺激から守ろうと活発になってしまい黒くなってしまったり、妊娠によるホルモンバランスの変化も原因の一つにあります。

 

授乳による刺激から守るためにメラニン色素が活発になるのです。神秘的ですよね。このようにメラニン色素は本来は悪いものではありません。紫外線の浴びすぎや刺激での黒ずみは防ぐことができるので上手にコントロールしていきましょう。"

黒ずみに乳首にお勧めなのが美白乳首クリーム

 

メラノサイトを抑えながらメラニン色素の排出を抑える、美白成分はアルブチンとトラネキサム酸の二つが挙げられます。それら二つは紫外線を浴びてダメージを受けた肌にも有効な成分であり、既に反応したメラノサイトを沈めながら、色素沈着を抑制します。

 

アルブチン並びにトラネキサム酸はドライスキン、ノーマルスキン、オイリースキンに関係なく、肌に美白作用をもたらします。因みに美白とは肌に存在するメラノサイトの活性化を抑制して、色素沈着を予防する事と、既に色素沈着してしまった肌のメラニンを薄くしていく(肌を白くしていく)事を意味します。

 

アルブチンとトラネキサム酸は美白成分の中でも、トップクラスに値するぐらいに効果がありますが、それら二つを使って効果を実感するには、個人差はあります。有効成分を塗布する前に、皮膚の状態をクリアにしておく準備が必要です。

 

肌にある皮脂や汚れ、古い角質をしっかり落としてから、美白成分を塗布すると、短期間で効果を実感しやすくなります。また、乳首用の美白クリームがあります。乳首に優しい専用の美白乳首クリームでケアすることによって、メラニン色素が定着することを防ぐので、毎日丁寧にケアすることで、薄くなっていきます。