バストトップの刺激が黒ずみに!市販のワセリンでピンク色にする方法

バストトップに刺激を与えない方が良い

 

こんにちは、中島です。当サイトは、黒ずみ乳首について紹介しています。

 

黒ずみ乳首で悩んでいませんか?

 

今ならまだ改善する可能性があるので試してはどうでしょうか?


乳首の黒ずにお勧めのハイドロキノンクリーム(ホワイトクリーム) 濃厚本舗 がお勧めの理由とは?

乳首の黒ずみには、濃厚本舗のホワイトクリームがお勧めです。その理由は、美白成分のハイドロキノンにあります。乳首の黒ずみの原因には、ホルモンバランスの乱れや摩擦の刺激など様々です。

 

しかし、どれも黒ずみができるメカニズムは同様で、メラニン色素が作られることが原因になります。つまり、乳首の黒ずみを薄くするには、このメラニン色素の生成を抑える必要があるのです。

 

そして、メラニンの生成を抑える働きをするのがハイドロキノンになります。この成分は、メラニン色素の生成を抑制するだけでなく、メラノサイトというメラニン色素を作り出す色素細胞を減少させる働きもあります。つまり、メラニンの生成をもとから抑えられるので、乳首の黒ずみを薄くするのに効果的なのです。

 

ただ、この成分は5%以上の高濃度になると刺激が強くなるというデメリットがあります。しかし、濃厚本舗のホワイトクリームでは、刺激の少ない2%です。

 

また、白金ナノコロイドが配合されているため、ハイドロキノンが酸化されにくくなっています。防腐剤の使用が抑えられているので、安心して使えるでしょう。

 

ただ、刺激が無いとは言えないので肌の弱い人はパッチテストをおススメします。また、長期間の使用を控えたり、妊娠中・授乳中の使用は控えた方が良いでしょう。しかし実際に効果のある成分ですので、使用に注意して使ってみることをおススメします。

ニベアやワセリンでは乳首の黒ずみは消えない

乳首の黒ずみは、摩擦による刺激、授乳、アトピー性皮膚炎等によって発生する物で、その人の肌質によっても黒さが違ってきます。

 

改善する方法としては美白クリームを利用したりする方法が効果的ですが、保湿を行う方法も有ります。またビタミンCを利用して美白にチャレンジする方法も有ります。

 

ただ実際に保湿効果があるにニベアワセリン等を利用しても、乳首の黒ずみは消えない事が多いのが実情です。これらは確かに肌の乾燥を防ぐ・改善する効果は期待出来るもので、長期的に利用すれば乳首の黒ずみに良い影響があるかもしれません。

 

しかしあくまでも長期的に利用して行った末の事となるので、使ったから乳首の黒ずみが改善されたかどうか、と言う事は判断しかねる事になります。

 

あくまでもこれらは乾燥による痒み、さらにそれによって肌が敏感になってしまう事を改善する効果が期待出来るので、乳首の黒ずみを悪化させない為に利用する価値は十分あります。

 

しかし根本的な改善策としては少々不十分と言わざるを得ない為、実際に乳首の黒ずみを改善したい場合は他の方法を利用する事になります。

乳首の黒ずみにお勧めの市販クリームとは?

毎日お風呂に入る時や着替えのときなどに、自分の胸の形や大きさ、乳首の黒ずみなどが気になる人はいませんか。

 

せっかく胸の形や大きさがちょうどよくても、乳首が黒ずんでいるとなんとなく汚いイメージがありますし、彼氏や友達、家族の前で見せるのも抵抗を感じてしまうでしょう。

 

そんな時は、顔やデコルテラインのしみやくすみと同じように、乳首の黒ずみも美白ケアで対応することができるので試してみるといいでしょう。

 

ドラッグストアなどで簡単に手に入れることができる市販クリームの中から、美白成分のあるものを選ぶことが大切です。最近はしみやそばかすなどで悩んでいる人向けに数多くの市販クリームが販売されています。インターネットの口コミや人気ランキングを参考に選ぶといいでしょう。

 

また、乳首は下着や洋服にすれてしまうことでも黒ずむので、乾燥を防ぐためにも保湿が大切です。お風呂のあとなどに毎日のバストケアを欠かさないようにするといいでしょう。

ハイドロキノン・トレチノインでの美白方法

ハイドロキノン・トレチノインはターンオーバーを飛躍的に高めるクリームで、美白効果やニキビの改善、肝斑といったものに有効です。

 

ターンオーバーとは肌の再生で、皮膚というのは何度も繰り返し再生していくもので、年を取ると少しずつスピードが落ちていき、シミや日焼けに悩まされてしまうようになります。

 

そこでハイドロキノン・トレチノインを利用するのが良く、使い方はターンオーバー期間とクールダウン期間を気を付けることです。まず洗顔、肌の刺激を防ぎ効果を高めるためにビタミンC誘導体化粧水を塗ります。

 

そして乾くまで待ち、トレチノインを塗り乾くまで待って、ハイドロキノンを塗り乾かします。最後に日焼け止めを塗ってコーティングをします。

 

これを朝に行い、夜お風呂で洗い流して朝に同じ作業をして、最短2週間から最長6週間で効果が出てくるはずです。その後にクールダウン期としてトレチノインを塗らず、上記の工程を2週間ほど繰り返していくと、美白効果が得られます。

ヨーグルトを使ったホエーで美白乳首に

 

ホエーとは、ヨーグルトの上澄みの液のことで、その中にはビタミン、ミネラル、タンパク質が豊富に含まれており、肌に使用した場合は美白効果が期待出来るものとして昔から使用されています。

 

使い方はとても簡単で、化粧水等の様に使うだけでも良い物となっています。美白効果が期待出来ると言う事で、乳首の黒ずみに対しても十分利用する事が出来るようになっています。

 

化粧水の様に簡単にパッティングするだけでも良いのですが、それ以外にもコットンにしみこませ、それを乳首に当ててパックする方法も有ります。

 

パックで利用する場合は大体2,3分放置すると言うのを1週間に2回程度行います。この場合のポイントは、ホエーが古くなってしまうと肌に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので、出来るだけ新しい物を使用すると言う事です。

 

水きりヨーグルトを作れば簡単にホエーを入手する事が出来ますが、保存は冷蔵庫で、刺激を感じた場合は新しく作り直すようにします。

乳首用の美白クリームを利用する

 

黒ずみ以外の美容効果が期待できます。生まれつき肌が黒っぽいひとは、メラニン色素の生成も多いので、乳首が黒くなりやすい傾向があります。

 

乳首は紫外線には関係ないと思いがちですが、実は、服を着ていても少なからず紫外線の影響をうけています。黒ずみを解消してくれる、乳首用クリームはトレチノイン、ハイドロキノンの2種類です。

 

皮膚科や、美容整形外科などで使用されている色素沈着に効果のあるクリームです。薬剤が表皮の深い層に働いて、メラニン色素を薄くしていきます。

 

どんな作用があるのか、トレチノインは、ターンオーバーを活発にし、メラニンの排出を促します。黒ずみをできるだけ薄くすることができます。ハイドロキノンは、チロシナーゼを抑えてくれる成分で高い漂白作用があるといわれています。

 

どちらの乳首用クリームも、黒ずみだけでなく、ニキビや火傷のあとの治療、シミやそばかすの治療にも使われています。トレチノイン、ハイドロキノンは、皮膚科、美容整形外科で処方されます。