バストトップの目立つ黒ずみを理想のピンク色にする美白美容液とは?

バストトップに美白美容液はいいのか?

 

こんにちは、中島です。当サイトは、黒ずみ乳首について紹介しています。

 

黒ずみ乳首で悩んでいませんか?

 

今ならまだ改善する可能性があるので試してはどうでしょうか?


美白美容液を乳首に使ってもいいの?

乳首の黒ずみが気になるから、それを改善しようと美白美容液を安易に乳首につけてしまうと逆効果になってしまう可能性があります。美白美容液には乳首が黒くなってしまう原因であるメラニンに効果がある成分が配合されています。

 

そのため乳首になる事で美白効果を得る事が出来るのですが、配合されている成分によってはメラノサイトへ刺激を与えてしまうことになり、メラニンの分泌量が増えてしまいます。

 

それによって逆に乳首が黒くなってしまう可能性があります。乳首は体の中でも特に繊細な一部なので、美白美容液を塗り続ける事でかゆみが出てきたり、斑点のようなブツブツが出来ることもあります。

 

これらのように肌荒れの原因にもなってしまいますので美白美容液を乳首に塗るという事はあまりお勧めできません。もし乳首の黒ずみを解消したいという場合は、乳首に塗る専用のクリームが開発されているので、そういったものを購入して、使用する方が良いです。

乳首用の美白クリームを使うのがお勧め

 

もともと体質で色が黒かったり、妊娠出産を経て乳首が黒ずんでしまうと困ってしまいますね。なかなか人に見られる部分ではありませんが、浴場を利用したり、パートナーに見られる時にはどうしても気になってしまうものです。

 

人に見られたくない部分があるとなかなか積極的にいけませんよね。黒ずみを元のような色に戻すためにはいろいろ方法がありますが、実は美白美容液の使用はお勧めできません。

 

確かに美白効果はあるのですが、乳首には刺激が強い成分を含んでいるので、デリケートな部分に利用するのは控えたほうがいいのです。

 

乳首の黒ずみを抑えるには乳首用の美白クリームを使うのがお勧めです。美白成分が入っているのはもちろんのこと、保湿成分も含まれているので乳首のケアにはぴったりです。

 

また極力刺激を抑えるために無添加だったり、乳首には刺激が強い不必要な成分は含んでいないのです。もし乳首の黒ずみが気になっているのなら乳首用の美白クリームで正しいケアをしましょう。

乳首用美白クリームに含まれている3つの美白成分とは?

 

乳首用美白クリームには、主に次の三つの成分が含まれています。トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、アルブチンです。まずトラネキサム酸は主に止血剤や抗炎症剤として用いられてます。

 

副作用は殆どないとされています。長い間医療現場で用いられていました。1979年に肝斑の改善効果が報告された事から、化粧水にも含まれるようになりました。

 

シミの素であるメラノサイトと呼ばれるメラニンを作り出す細胞が活性化する事が肝斑が発症する一因とされています。その活性化の原因で肝斑の発症に関わるのが「プラスミン」と呼ばれる酵素で、トラネキサム酸はこれを抑えてシミが出来る初期段階で抑えます。

 

ビタミンC誘導体とはビタミンCの分子の一部を変化させて出来た化合物です。ビタミンCは水溶性ですが水に溶けた状態だと非常に不安定である他、皮膚への吸収も良くないために、このように化粧水用の誘導体が用いられて実用化されています。

 

アルブチンは、美白効果があるハイドロキノンとブドウ糖を結合した化合物です。肌への刺激が少なく、シミやくすみの原因となるメラニンが合成される際に、アミノ酸の一つであるチロシンを酸化させるチロシナーゼを抑えます。

 

当サイトでも乳首用の美白クリームを紹介しているので参考にしてください。