乳首の黒ずみはトレチノイン・ハイドロキノンで除去できるのか?

ハイドロキノン・トレチノインで自身ある乳首に!

 

こんにちは、当サイトはバストトップの悩みについて紹介しています。

 

このページでは、ハイドロキノン・トレチノインでの美白乳首方法について紹介しています。

 

当サイトの情報がお役に立てればと思います。


ハイドロキノンの働きとは?

ハイドロキノンはメラニンを合成する酵素(チロシナーゼ)を弱くします。
そのため、メラニン色素の産生を抑える事が出来ます。

 

また、それだけでなく、メラニン色素を排出するメラノサイトそのものを減少させる成分です。

 

ハイドロキノンは、かなり強い美白効果を持っています。
そのため、お肌の漂白剤なんて呼ばれています。

トレチノインの働きとは?

ビタミンA誘導体であり、皮膚の奥にある色素沈着した黒ずみを排出していきます
ハイドロゲンだけだと浸透力に悪いですが、トレチノインを使う事で浸透力をよくしていきます。

 

市販の美白クリームは、中々皮膚まで浸透しません。

トレチノイン・ハイドロキノンの自己流は危険

トレチノインを綿棒を乳首と乳輪に塗る。

 

出来る限り薄く塗る事を意識しましょう。
ちょっとづつつけながら、よけいな皮を引っ張らないように薄く付けましょう。

 

ただ、トレチノインにおける副作用はあります。
赤み、皮剥けなどの皮膚炎が起こります。

 

出血してしまったり、異常なまでの痒みは反応が出過ぎなので注意が必要です。

 

ハイドロキノンを乳首と乳輪に塗る
乳輪と皮膚の境目のあたりまで、ハイドキノンを塗りましょう。l

 

これを3ヶ月のクールで繰り返していきます。

 

病院に行く時間がない人は、ホワイトラグジュアリーという美白乳首を使ってみるのもアリだと思います。

病院でハイドロキノン・トレチノインを受けるときの期間は?

ハイドロキノンはシミを作り出す酵素を抑制して、メラニン色素の産生を抑えたり、メラニン色素を生成するメラノサイトという細胞そのものを減少させられるので、今あるシミと、これから出来るシミに効果があります。

 

ハイドロキノンは単体では浸透しにくいですが、トレチノインと併用すれば浸透しやすくなります。トレチノインは肌内部のシミを排出するために、ターンオーバーを促進する働きがあるので、2つの薬を併用すれば、相乗作用で美白効果を高められます。

 

使い始めて数日もすると、肌がかさついて剥け始めたり、炎症が起こりますが、これはターンオーバーが活発になり、肌のバリア機能が衰えたためで、治療の過程で必ず起こることなので心配することはありません。

 

漂白する期間については、クリニックの指示に従うと良いですが、薬による炎症から肌を回復させるための、炎症を冷ます期間も必要で、この2つの期間を合わせて1クールの治療を行うのが一般的です。

 

漂白する期間は大体4週間〜8週間ほどで、炎症を冷ます期間は、漂白する期間の日数と同日数から2倍の日数なので、もし薬を6週間使ったときは、6週間〜12週間程度は休んでください。

 

それで美白出来なかったときは、2クール目の治療を開始すると良いですが、肌への負担を考えるなら、炎症を冷ます期間から、1か月〜3か月は空けるようにしましょう。

病院でハイドロキノン・トレチノインの料金とは?

 

美白効果があるとして多くの化粧品や薬に配合されているハイドロキノンですが、皮膚科で診察を受けた際も希望すれば処方して貰えます。

 

またハイドロキノンを使う際には肌への浸透力を高めるために強力なターンオーバーを促すトレチノインとの併用がおすすめです。こちらも診察の際に希望すれば処方して貰えます。

 

ただし日本では保険適用外の薬であるため、ハイドロキノンの処方を希望する場合は診察料も自己負担ということになるのです。

 

そのため病院から処方して貰う場合の料金の相場は、ハイドロキノンが2,000円前後、トレチノインが5,000?6,000円ほどとなっています。ハイドロキノンは効果が現れるまで約3ヶ月ほど続ける必要があり、トレチノインと合わせるとそれなりの費用がかかります。

 

さらに使用を止めると元に戻る可逆性の薬であるため副作用などの問題がなければ長期間使い続けることが効果的ではありますが、漂白作用が強く白斑のリスクもあるのです。

 

使ってみたいけれど不安があるという場合は、市販されているハイドロキノンを配合した化粧品などから試してみるのもいいかもしれません。処方薬よりも低い濃度であるため、安心して使用することが出来ます。

 

トレチノイン・ハイドロキノンで乳首を美白するのは自分ではやめた方が無難です。必ず、病院に行って医師の元治療した方が良いです。輸入してやる方法も紹介されていますが、当サイトとしてはあまりお勧めできません。

 

病院に行く時間がなかったり、自宅で簡単にケアをしたい方は乳首用の美白クリームを使ってみるといいかもしれません。