乾燥乳首は保湿をした方がいい

乳首の乾燥が痒みを引き起こす

 

こんにちは、中島です。当サイトは、乳首の色で悩んでいる方のためのサイトです。

 

乳首が乾燥して痒かったり痛くありませんか?

 

乳首の乾燥や痒みを解決する方法を紹介しています。

 

そんな悩みを解決するためのサイトになっています。読んでくさいね。


季節による乾燥が乳首を乾燥させる

 

寒い冬場の季節になると、乾燥がとても気になります。空気が乾燥することで、風邪をひきやすくなったり、肌が痒くなるなど、私たちの身体に及ぼす影響はいくつか存在します。

 

そんな中で女性が気を付けたいことは、乾燥によって乳首が痒くなり、掻いてしまうことです。女性はムダ毛を処理することが良くあると思いますが、脇の下やデリケートゾーンのムダ毛をカミソリで処理することで、黒ずみが濃くなってしまうことが良くあります。

 

それは、ムダ毛を処理すると同時に皮膚の角質を傷つけてしまい、皮膚のターンオーバーが乱れてしまうことで、メラニンが排出できずに体内にたまっていってしまうからです。それと同じことが、乳首を掻くことで起こってしまいます。

 

特に乳首は粘膜でできていることから、脇の下などの皮膚が薄い部位よりもさらにデリケートで刺激に弱い部位です。そのため、掻くことが多いと、黒ずみが次第に強くなってしまいやすいのです。

 

このようなことが起きないように、掻くよりも乾燥に対する対策をしっかりと行うように注意が必要です。

下着の素材が合わない事が乳首の乾燥を引き起こす

 

乳首の乾燥によってカサブタ等のトラブルが生じてしまっている方は決して少なくないはずです。乳首が乾燥してしまっている原因はいくつか考えられますが、特に下着の素材やサイズが合っていないことを挙げることができます。

 

素材が自分の体に合っていないと摩擦することで乾燥を引き起こしてしまいます。したがって、ブラは自分に合ったものを選ぶことが重要です。今はネットで購入する方がかなり多くなっていますが、乳首のトラブルに悩まされている方は店舗でサイズを計った上で選ぶことが望ましいです。

 

ネットだとどのような素材になっているのか分からないので、あまりおすすめできません。店舗で選ぶ際は店員にアドバイスを貰うことも重要です。

 

店員にあまり話かけてもらいたくない方がいるようですが、店員の方が間違いなく知識が豊富なので、自分に合ったブラを選ぶために許容してください。どれも同じに見えるかもしれませんが、比較してみると結構な差があります。

刺激が強いボディソープが乳首を乾燥させる

 

身体を洗う時には、石鹸やボディーソープを使うのが普通ですが、通常の石鹸やボディーソープを使うと、逆に乾燥状態を招いてしまう事があります。

 

身体の一部として、乳首も同じ事になり、乾燥してしまう事になってしまうのです。特に身体をさっぱりさせる為に、刺激の強いボディーソープを使ったり、男性用の物を使っていたりすると、乾燥してしまう事が非常に多くなってしまうのです。

 

身体をさっぱりさせるという事は、体の油分をすべて洗い流してしまうという事になり、肌の保湿効果まで無くしてしまう事にもなりますので、刺激の強めのものは、出来るだけ使わないようにした方が良いのです。

 

乳首は、乾燥してしまうとかさぶた状態となり皮がむけた状態になっていますので、ボディーソープを選ぶ時には、出来るだけ保湿成分が入っている物を選ぶようにした方が良いのです。

 

さっぱりするのも大事ですが、身体を乾燥させないようにする事が重要となりますので、ボディーソープ選びは、保湿成分が必ず入っている物を探すようにした方が良いのです。

乳首の乾燥を防ぐ保湿クリームの選び方とは?

 

乳首は乾燥すると敏感になり、ターンオーバーが低下して黒ずみが生じやすくなります。その予防・改善策として効果的なのが保湿クリームです。

 

しっかり保湿することで肌に潤いを与えると同時に乾燥や摩擦などの外部刺激からも守ることができるため、黒ずみを防いでいつまでも綺麗な状態でいることができます。

 

しかし、保湿効果があれば何でもいいというわけではありません。まず、乳首は体の中でもデリケートな部分のため低刺激処方の保湿成分を配合したクリームがおすすめです。ま

 

ただ、肌表面を覆うだけでなく、ヒアルロン酸やプラセンタなど肌内部に潤いを与える効果のある保湿成分を配合してあるとターンオーバーを促進して綺麗な肌にする効果があります。そして、使用感も重要です。

 

保湿クリームというとベタつきの強いものが多くありますが、ベタつきは不快感を伴い、続かない場合があります。そのためサラッとした使用感のクリームを使うと心地よく使い続けることができます。このようなことから乳首の保湿クリームを選ぶなら、低刺激で浸透性が高く、ベタつきの少ないクリームをおすすめします。

 

また、乳首の乾燥と色が濃くなってしまった事に悩んでいるのなら当サイトのお勧めの乳首用クリームを利用してみるのもいいと思います。