乳首の色が濃くなったときの自宅ケア方法

乳首の色が濃くなって困っている

 

こんにちは、中島です。当サイトは、黒ずみ乳首について紹介しています。

 

黒ずみ乳首を改善する方法を紹介しています。

 

今ならまだ改善する可能性があるので試してはどうでしょうか?


乳首の色が茶色から黒くなってしまうと元に戻すのが大変

乳首が黒いことで悩んでいる女性は数多くいると思います。一度、乳首の色が茶色から黒くなってしまうと元に戻すのが本当に大変になってしまいます。

 

原因は衣服との摩擦であるとか、妊娠や出産などでホルモンバランスが崩れてしまった結果だとか、世間では色々言われていますが、根本的な原因としては、メラニン色素の生成によるものです。このメラニン色素の生成を放っておくと、だんだん黒くなってしまい、最終的には真っ黒になってしまうのです。

 

こうなってしまうとなかなか元の色に戻すのは難しく、すでにあるメラニン色素を排出するためリンパマッサージ、メラニン色素を生成しないようにクリームを塗るなど、地道にケアするしかなく、手術による方法もありますが、なかなか選択される方はいない状況です。

 

皮膚が生まれ変わるためには20代〜40代で1〜2ヶ月ほど必要とするため、上記のマッサージ、クリームなどを使用する際も最低でも1ヶ月は必要とするため、すぐに効果の出るものではないことに注意下さい。

乳首の色が濃くなったのは下着による擦れが原因

 

ブラは毎日つけるものなのですが、下着の擦れが原因で乳首の色が黒ずんでしまうと言われています。まずは下着のサイズが合っているかどうかがポイントであり、合っていないと摩擦による黒ずみの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

ちなみに、妊娠前と産後では胸のサイズは変わることが多いですし、今の方が胸が小さくなっている場合は下着を変更することが大切です。また、ブラの素材も大切であり、綿なら肌に優しいので問題ありません。

 

しかし、ポリエステルや化学繊維のものだと刺激が大きいので注意しましょう。ブラの素材と黒ずみには大きな関係があります。綿素材と違ってポリエステルは肌に刺激を与えやすいという特徴がありますし、その刺激が黒ずみの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

ブラは可愛らしいデザインのものを選びたいかもしれません。しかし、ブラをデザインだけで選んでしまうと素材が良くないこともあります。

乳首の乾燥による痒みで描き過ぎが刺激で色が濃くなった

 

一般的に男性は、乳首の色が薄い方が性的興奮をしやすく、好む傾向があります。そのこともあり、乳首の色が薄い女性は、そのことが悩みになってしまうことがあるのです。

 

乳首の色が濃い原因は、その多くが生まれつきの体質です。色が濃いということは、体内にメラニンを多く持っていることが原因となるからです。それ以外にも、乳首の色が次第に濃くなっていくこともあります。

 

その原因はいくつかありますが、その一つに乾燥による痒みのため、良く掻いてしまうことで色が濃くなることがあるのです.
特に皮膚が薄く敏感な乳首は、刺激によって皮膚が傷つけられ、皮膚の細胞が壊されてしまうことで、保水力を失ってしまいます。

 

すると、ターンオーバーが正常に作用しなくなり、メラニンの排出が機能しなくなってしまいます。そのことで、黒ずみが発生してしまうのです。

 

このようなことがありますので、痒いときには掻いてしまうのではなく、しっかりと化粧水や乳液を利用したり、痒みを抑えるクリームを塗るなどの対策をして、潤いを保つことが重要となります。

黒ずみ乳首をピンク色にしたいなら美容外科がお勧め

 

乳首の黒ずみを除去したいと考えるのであれば、美容外科で治療を受けてみる事がおすすめです。美容外科での治療は、大きく分けると、レーザーによる治療と、塗り薬による治療に分かれます。

 

レーザーによる治療といえば、痛いのではないかと考える人もいますが、痛みは殆どなく、身体に傷がついたりする事もない為、安心して治療を受ける事ができます。ただ、一気に色が変わるのではなく、徐々に色を薄くしていく事になります。

 

薬による治療の場合、ハイドロキノンやトレチノイン等を使って治療を行なっていきます。この治療の場合、1日2回等、決められたタイミングで薬を塗っていくだけで良いので、手軽と人気になっています。

 

効果は2ヶ月程度で実感できるという人が多くなっています。乳首の色は変わらないと諦めている人もいるでしょう。ですが、美容外科で治療を受ければ、意外と簡単に、理想的な乳首の色に変えていく事が出来ます。ですから、悩んでいるなら、カウンセリングから始めてみる事がおすすめです。

ホームケアなら乳首用美白クリームがお勧め

 

女性は、美しさを求めて生きています。そのため、毎日肌のお手入れは欠かすことが出来ません。そんな女性にとって悩みになることのひとつに、乳首の色があります。

 

男性から見ても、理想的な乳首の色はピンク色です。その方が、性的な興奮を刺激させられることが一般的には多いからです。そのこともあり、女性としてはきれいな色素の薄い乳首に憧れます。

 

そもそも乳首の色は、体内のメラニンの量によって決まります。つまり、生まれつきの体質なのです。だからと言って諦めるのは、まだ早いです。乳首の色を薄くするためには、レーザーによる治療もありますが、色が斑になってしまう危険性もあります。
そこで自宅でできるケアとして、美白クリームを使用した方法があるのです。しかし、乳首は粘膜でできているため、とてもデリケートな部分です。

 

あまり強いものを使用したり、用量や用法を誤ってしまうと、白斑ができてしまうなどの恐れがあります。理想としては、毎朝お風呂上りに適量を使用することです。そのことでメラニンが少しずつ排出されていき、色素が薄くなっていくことが期待できます。

 

当サイトでも乳首用の美白クリームを利用してみるのもいいかもしれません。