出産後・授乳後の乳首が黒い原因とは?黒ずみ乳首を綺麗にするクリーム

出産後と授乳後は乳首が黒くなる

産後の乳首の黒ずみは妊娠中の女性ホルモンが原因

 

妊娠中・産後は、乳首を含んだデリケートゾーンの黒ずみに悩まされる人が多いです。これは、妊娠中の女性ホルモンが原因で色素沈着が活発化してしまうためと言われています。

 

女性は妊娠中、出産を経た産後では女性ホルモンがガラリと変わります。妊娠中は妊娠を継続していくために女性ホルモンが変化していくわけですが、妊娠20週あたりからエストロゲン(卵胞ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモン2つの分泌が増加することが分かっています。

 

これら2つともですが、特にプロゲステロンの作用として、メラニン色素の色素細胞であるメラノサイトを刺激し、肌内部に潜むメラニン色素を増やしてしまうというものがあります。

 

このため、もともとメラニン色素が多い部分であるワキ・乳首・乳輪・外陰部といったデリケートゾーンが黒ずみを引き起こしてしまうのです。乳首にメラニン色素が多い理由の一つに、授乳時の赤ちゃんによる強い吸引力から肌を守るためでもあるということも言われています。

授乳による刺激でも乳首が黒くなる原因

 

乳首が黒くなる原因には、妊娠や出産に伴うホルモンバランスの変化の他に外からの刺激があります。皮膚が刺激を受けると、それによるダメージから守るために色素細胞のメラノサイトでメラニン色素が作られて黒くなります。

 

日焼けで皮膚が黒くなるのは、その代表です。乳首が黒くなる原因のひとつに、授乳があります。赤ちゃんは、乳首全体を口に含んで舌と上顎の内側ではさみ、押しつぶすようにして母乳を吸い出して飲みます。

 

この動作は、乳首にとっては大きな刺激となります。新生児のうちは赤ちゃんは一度にたくさんの母乳を飲めないので、授乳の間隔は短くなります。そのため一日に何度も授乳の刺激を受けることになります。

 

卒乳や断乳の時期は人それぞれてすが、赤ちゃんが乳房から直接母乳を飲んでいる間は乳首には大きな刺激が続きます。その結果、体内では乳首の皮膚をダメージから保護するためにプラスミンという物質が作用して、色素細胞のメラノサイトが活性化しメラニン色素が大量に作られて乳首が黒くなります。

他にも乳首が黒くなってしまう原因とは?

女性にとって乳首の黒ずみは悩みの一つです。授乳のため、産後は特に黒くなりやすいのですが、実はそれ以外にも黒ずみを引き起こす原因はあります。

 

その一つが衣類による摩擦です。黒ずみは肌内部のメラノサイトが刺激を受けることによりメラニン色素を生成し、それが色素沈着して生じます。そしてその刺激となり得るのが摩擦です。

 

特にサイズの合わないブラや洗い素材のブラをつけると動くたびに摩擦が生じます。それが刺激となり、メラニンが色素沈着してしまうのです。また、加齢によるターンオーバーの低下も原因の一つです。

 

ターンオーバーというと顔の肌を気にしがちですが、乳首にもターンオーバーはあります。しかし、加齢によりターンオーバーは低下してしまいます。

 

すると古い角質が剥がれにくくなるため色素沈着した角質が表面に残ったままとなり、黒ずんでしまうのです。このように乳首の黒ずみは産後の授乳だけでなく、人によって様々な要因で引き起こされます。

赤ちゃんが乳離れてしから乳首の黒ずみケアを始めよう!

妊娠すると女性の乳首は黒ずみます。それは、赤ちゃんが授乳で吸い付いても皮膚が負けないよう、乳首の皮膚にメラニンが集まるためです。妊娠中から徐々に黒くなっていき、それは授乳をしている間は戻りません。

 

妊娠期に起こる乳首の黒ずみは授乳が終わり数か月経つと自然に戻る人も多いですが、そのまま元に戻らない場合もあるため、赤ちゃんが乳離れしたら乳首用美白クリームなどの専用商品を使ってケアを始めることをおすすめします。

 

乳首用美白クリームとは美白成分や保湿成分がしっかり配合されているものです。美白ケアと共に肌の保湿力を高めてターンオーバーを正常な状態に戻すサポートをすることで、古い角質が剥がれて新たな健康的な肌細胞が正常に生まれるため黒ずみも徐々に改善されていきます。

 

乳首用美白クリームは肌に優しい成分の物が多いですが、口にすることで赤ちゃんに害になることもあるため、授乳が終わり乳離れしてからはじめることが大切です。

黒ずみ乳首を改善するにはターンオーバーの促進が重要

 

妊娠すると女性の乳首は黒ずみます。それは授乳に向けて、赤ちゃんにわかりやすい目印になるようにという説もありますが、赤ちゃんが吸い付いても乳首の皮膚が負けないようメラニン色素を集めて保護しているからです。

 

妊娠中から産後・授乳中がピークとなり、乳離れすると数か月を経て徐々に色が薄くなっていくというのが一般的です。しかし、体質によっては赤ちゃんが乳離れしても尚乳首が黒いまま戻らないという人も少なからず存在し、それらの人の多くはターンオーバーが正常に働いていないことに起因します。

 

ターンオーバーとは正常な人は28日周期で古い角質が剥がれて新しい肌細胞に生まれ変わる機能ですが、加齢や皮膚の水分量が不足などが理由でターンオーバー周期が乱れることも珍しくありません。

 

乳首の黒ずみの改善にはターンオーバーは必須です。そのためにも、赤ちゃんが乳離れしたらセラミドなど保湿性の高い成分が配合されたケアクリームなどを使うことでターンオーバーを促進し、乳首の黒ずみを薄くする手助けができます。

産後・授乳後にお勧めな美白乳首クリームとは?

 

妊娠中と授乳中は乳首が黒くなってしまう人が多いです。何故なら妊娠中は女性ホルモンが活発になるからです。色素細胞であるメラノサイトを刺激してしまうのです。

 

それでメラニンが増えて色が黒くなります。授乳中は赤ちゃんが乳首を吸う事により刺激を受けて、メラニンが増えてしまいます。なので、授乳が終わってからお手入れする事をお勧めします。

 

お勧めの美白乳首クリームは、トラネキサム酸とビタミンC誘導体が入った物を選びましょう。そこでお勧めの美白乳首クリームを紹介しますので参考にして下さい。

 

まず最初にイビサクリームです。女性誌にも掲載され、今話題の商品です。これは美白効果だけでなく、保湿効果もあります。次にホスピピュアです。これは、美容外科と共同開発したクリームです。

 

次にホワイトラグジュアリーです。これは、肌に刺激のあるものは使っていません。また、美白成分を7種類配合していて、乳首だけでなく全身に使う事が出来ます。

 

当サイトでもお勧めしている乳首用の美白クリームなので参考にしてください。